Managed SD-WAN

サービスプロバイダーは、Versaを利用して、エンタープライズクラスから中小企業に至るまで、セキュアで差別化されたSD-WANサービスを提供できます。 Versaのソリューションは、完全なマルチテナント、複数の展開オプション、ゼロタッチプロビジョニング、多くのセキュリティ機能を組み合わせることができ、プロバイダが高付加価値のマネージドサービス提案が可能です。

全てのSD-WAN製品がマネージドサービス向けにデザインさているわけではない

企業は既存のWAN接続とスプロール化したブランチネットワークに対し、よりコスト効率が高くシンプルな代替案を求める声が日に日に高まっています。ソフトウェア定義のWAN(SD-WAN)は、WANコスト、運用の簡素化、アプリケーションのパフォーマンス向上など、多くの企業の要件に対応する進化したソリューションです。

しかし、SD-WANベースの提案を構築するサービスプロバイダーにとって、マネージドサービスにおける運用面およびコスト面の課題は大部分が依然として存在します。例えば、各エンドカスタマーの拠点とヘッドエンドに専用のハードウェアとソフトウェアを展開する必要性があったり、ファイアウォールやセキュアWebゲートウェイなどの重要なセキュリティ機能を簡単に統合することが難しかったりします。

VERSA SD-WAN: アジャイルで効率的なマネージドサービスのための作られました

Versaの提供するVNFベースのSD-WANソリューションは、サービスプロバイダーが高度な接続性とセキュリティ機能を包括的かつコスト効率の高いマネージドSD-WANサービスを提供することを可能にします。

Versa SD-WANソリューションには、汎用のハードウェア上に展開するVersaのネットワーク&セキュリティVNFをベースに、マルチテナント機能、さまざまなサービス、弾力性がありゼロタッチなプロビジョニング機能等を含んでいます。データセンタやクラウド側および拠点側のマルチテナントは、新規顧客のプロビジョニング時にサービスの機敏性を向上させ、設備コストと運用コストを大幅に削減します。マルチサービス機能とサービスチェイニング機能により、プロバイダは、管理対象サービスに次世代のファイアウォールやセキュアWebゲートウェイなどの重要なセキュリティ機能を組み込み、他のネットワーク機能と自動で統合できるようになります。

セキュリティを統合したSD-WAN

今すぐダウンロード

利点

Versaが提供する多機能VNFにより、サービスプロバイダは、アプリケーションベースルーティング、CGNAT、VPN等の主要なネットワーク機能と、追加で様々なセキュリティ機能を組み合わせカスタマイズされたSD-WANサービスを迅速に設計できます。- これらはハードウェアベースであれば通常数ヶ月や年という月日を要しますが、数日から数週間で可能です。 VersaマネージドSD-WANソリューションには、既存のブランチで利用されるサードパーティのネットワークやセキュリティ機能と簡単に統合できるサービスチェーニングが組み込まれているため、導入時間とアジリティがさらに向上します。

Versaが提供するマネージドSD-WANソリューションと多岐に渡るVNF機能を使用することで、ネットワークとセキュリティを組み合わせた高付加価値なSD-WANを構築することができ、基本的なVPNや接続機能のみのSD-WANサービスよりも大きなビジネス効果をもたらします。

Versa SD-WANソリューションは、ソフトウェアベースのVNFと低コストの汎用ハードウェアを組み合わせ、利用した分だけ課金するPay-as-you-goの価格体型になっています。従って、従来のWANハードウェアやハードウェアベースのSD-WANソリューションと比べて、大幅に低い設備コストで利用が可能です。 Versaソリューションは全てがマルチテナント化されており、新しい顧客ごとヘッドエンドにSD-WANインフラストラクチャと管理システムを追加する必要がないため、設備コストは大幅に小さくなります。 ゼロタッチプロビジョニングと集中管理により、運用コストを最小限に抑え、オンサイト作業を排除し、継続的な運用を大幅に簡素化します。

Versaはサービスプロバイダに、Versa VNFを使用してSD-WAN機能とさまざまなセキュリティ機能を組み合わせたより高付加価値なマネージドサービスを作成する機能を提供します。 たとえば、プロバイダーはSD-WAN機能にブランチベースのファイアウォールとURLフィルタリングを統合して、クラウドアプリケーションやリソースへのセキュアなダイレクトインターネットアクセスを備えたMPLS +ブロードバンドサービスを構築することができます。 その結果、接続のみを提供するサービス製品と比べ収益も増え、価格への感度を下げ、差別化要素を大幅に向上させます。