Managed SD-Security

マネージドセキュリティサービスは、顧客の拠点やプロバイダーのデータセンター/クラウド、またはその両方(ハイブリッドアーキテクチャ)にセキュリティ機能(例えば、次世代ファイアウォールやURLフィルタリング、ダイレクトインターネットアクセス)を構築することができます。

主要なギャップ: ブランチオフィスにおける従来のITセキュリティ

ブランチオフィスは、ここ数年でサイバーセキュリティのリスクが増大しています。(Gartnerの報告によると、攻撃の30%が2016年までにブランチを経由するとされています)多くの企業は、必要なセキュリティ対策を導入または予算化することができていません(ディメンションデータによると、調査対象企業の40%がステートフルファイアウォールを支店に配備していないと回答、2016年11月)。

今日のマネージドセキュリティサービスは、企業の一部を支援することができますが、ハードウェアベースのアプローチは導入も遅くまた専用のアプライアンスは高価であり、加えて拡張性に乏しいクローズドアーキテクチャであることから、プロバイダにも顧客にも高価になる可能性があります。

VERSAはファイアーウォールにおいてはICSA LABS の認証を受けています

マネージドSD-セキュリティ:大企業・中小企業のブランチセキュリティを簡素化

ハードウェアベースのマネージドサービスからソフトウェアベースでよりDevOps指向のアプローチに移行することで、サービスプロバイダはソフトウェア定義型セキュリティ(SD-Security)の力を活用して、大企業/中小企業両方の予算要求にも対応する幅広いマネージドセキュリティサービスを提供できます。

この移行を実現するために、Versaは、汎用のx86ベースのハードウェアで稼働し、オープンで完全にプログラム可能な一連の仮想化セキュリティ機能を準備しました。プロバイダは、基本的なマネージドファイアウォールサービスからリッチで多機能サービス、例えば複雑な物理アプライアンスや仮想アプライアンスに代わる統合された脅威管理(UTM)、まで自在に作成可能です。これらのサービスは、顧客の拠点や、プロバイダのデータセンター/クラウド、またはその両方の組み合わせで動作し、専用のハードウェアまたはソフトウェアパッケージを使用した従来型のマネージドサービスよりもはるかに低価格で開始できます。

ブランチにとってのアジャイルセキュリティ

今すぐダウンロード

利点

専用のハードウェアからVersa VNFベースのセキュリティサービスに移行することで、マネージドセキュリティサービスの導入時間を数週間/数か月から数時間に短縮することができます。

支店への展開の場合、プロバイダは単純に汎用アプライアンスを出荷し、Versa Directorの集中管理機能によりデバイスをゼロタッチでプロビジョニングします。またこれによるオンサイト作業は必要ありません。

追加のセキュリティ機能は、一元的にプロビジョニングし、必要に応じリアルタイムで汎用アプライアンスにダウンロードすることができ、導入および統合作業を大幅に削減します

Versaのマネージドセキュリティソリューションは、利用されるセキュリティサービスのほとんどをカバーし、高い設備コストと運用コストを(最大80%)削減する目的で作られました。
これまでの専用のセキュリティアプライアンスと買い切り型のソフトウェアを、Versaの多機能単一VNFとPay-as-you-goサブスクリプション価格で置き換えることにより、設備投資額は大幅に削減されます。組み込みのマルチテナント性により、設備投資が更に低下します。
オンサイト作業やソフトウェアの更新、容量拡張などの継続的な運用コストは、Versa Director管理プラットフォームとゼロタッチプロビジョニングによって大幅に削減され、大幅に簡素化します。

Versaは、組み込まれたサービスチェーニング機能によるマネージドセキュリティサービスの検証と導入を簡素化します。これまでのように専用のセキュリティアプライアンスとソフトウェアをインストールして統合する場合と比べ、マネージドセキュリティサービスにサードパーティを含む複数のセキュリティ機能を統合することが容易になり、また必要な時間とトラブルシューティングが最小限に抑えられます。さらにゼロタッチプロビジョニングにより、導入はさらに簡単になります。
Versa Director管理プラットフォームにより、運用は簡素化され、単一のコンソールからすべてのVersaセキュリティ機能を制御できます。容量の増加においても一元的かつ動的にプロビジョニングでき、セキュリティ機能の追加においてもVNFをダウンロードすることで簡単に実行できます。

Versaのマネージドセキュリティソリューションは、SMBから大企業までのさまざまな市場セグメントのニーズを満たすために、それぞれの顧客に対するカスタムセキュリティ提案をコスト効率よく構築することができます。

例えば、プロバイダーは、まずSMB顧客向けにステートフルまたは次世代型のシンプルなマネージドファイアウォールサービスを電話事業者のクラウド内に作成します。そして同じリソースを使用して、UTM機能を備えたフルオンプレミス型の包括的なエンタープライズセキュリティサービスとクラウドベースのマルウェア対策を組み合わせた提案を構築および管理できます。