マネージドSDブランチ

Versaが提供するマネージド SD-Branchは、サービスプロバイダーが拠点を仮想化し現在のコストの一部で管理サービスを提供することができます。 マネージドSD-Branchソリューションは、サードパーティのVNFをサポートすることから顧客固有の環境にも対応し、将来へ渡るアーキテクチャへの移行をスムーズに実現します。

(ソフトウェア定義された) マネージドSD-BRANCH

広範囲なネットワークとセキュリティを管理するVNFベースのソリューション

企業は、クラウド移行やデジタル変革の実現のため、WANや拠点のITアーキテクチャを進化させようと苦労しています。その主な課題としては、クラウド利用時のユーザーエクスペリエンス、ITアジリティーの低下、適切なセキュリティ対策、支店における様々なアプライアンスの利用とそれに伴う管理の複雑さなどが含まれます。ブランチネットワークには個別ハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントを平均6〜12以上利用し(Dimensional Research、2016調べ)、それぞれに対する設備の取得、統合、継続的運用において、多くの時間と膨大なコストの消費を強いられています。従って企業は、マネージドサービスと次世代のソフトウェア定義型インフラストラクチャを通じて、WANと拠点の簡素化を目指すのです。

これはサービスプロバイダーにとって貴重なビジネス機会となります。何故ならこのネットワーク&セキュリティサービスの殆どが企業ブランチで導入またはこれから計画されているものであり、例えば、従来型のルーティング、SD-WAN、WAN最適化、様々なレイヤーのセキュリティ機能、イーサネットやWi-Fiなどのローカルネットワークなどが含まれます。しかし、従来の企業向けハードウェアアプライアンスとソフトウェアパッケージを使用する限り、サービスプロバイダーは支店の複雑さ、アジリティーの欠如、高い設備コスト、運用コストなどの根本的な課題を排除することはできません。

VersaのSD-Branchソリューションにより、サービスプロバイダは、従来型のローカル&WANネットワーク、SD-WAN、多層化セキュリティ機能、および新しいIPサービス等を広く包含するコスト&運用効率の高いマネージドサービスを提供できます。Versaは、低コストのハードウェアと単一の仮想ネットワーク機能(VNF)を組み合わせた上で、幅広いネットワーク&セキュリティ機能を提供します。これには、データセンター/クラウドからブランチオフィスまでの完全なマルチテナント、Versaおよびサードパーティを含む豊富なサービスチェーニング機能、サービス弾力性、全てのネットワーキングとセキュリティ機能に対するゼロタッチプロビジョニングなど、マネージドサービスを運用するための主要機能が含まれています。

Versa SD-Branchソリューションは、サービスプロバイダが、従来型のWANや、SD-WAN、ローカルイーサネット/ Wi-Fi機能にVersa VNFのセキュリティ機能を組み合わせ、リッチなマネージドサービスを作成できるようにします。

VersaのSD-Branchサービスは自動サービスチェーニング機能を利用しているため、プロバイダは最初に基本的なSD-WANサービスを販売し、時間の経過とともにセキュリティ、その他のWANまたはローカルネットワーキング機能を容易にアップセルすることができます。その結果、サービス全体の収益が向上します。

例えばプロバイダは、セキュアなダイレクトインターネットアクセスを備えたMPLS +ブロードバンドサービスおよび拠点内のWi-Fiアクセスを実現するために、VersaのプラットフォームおよびSD-WAN&UTM機能を使用してすべてを1つのインターフェイスから管理することができます。これは従来型のサービスやSD-WAN接続専用のサービスと比較すると、大幅に収益と差別化を図ることができます。

Versa SD-Branchソリューションは、ソフトウェアベースのVNFとホワイトボックスのx86アプライアンスを組み合わせ Pay-as-you-goのサブスクリプション価格で提供することで、従来型のブランチハードウェアやソフトウェアベースのマネージドサービスよりも大幅に低い設備コストを実現します。

Versaのソリューションは完全なマルチテナントで弾力性を備えることから、新規顧客ごとにヘッドエンドの管理が不要です。またネットワークやセキュリティインフラストラ拡張時にも追加投資は最小限で済み、より設備コストが小さくなります。

運用コストについても、ゼロ・タッチ・プロビジョニングと全てのネットワーキングとセキュリティ機能を集中管理することで、最小限に抑えられます。これにより、導入と継続的な運用が大幅に簡素化されます。

Versa SD-Branchを使用すると、サービスプロバイダは単一のソフトウェアプラットフォームとCPEデバイス上に、VersaのVNFやサードパーティのVNFを使用して1つまたは複数のサービスを展開できます。

Versa FlexVNFソフトウェアプラットフォームは、組み込みハイパーバイザーを介して仮想CPE(vCPE)の導入をサポートします。プロバイダがVersaソフトウェアプラットフォーム上にサードパーティのVNFを直接ホストできるため、複雑さとサービスの相互運用性の問題を軽減できます。 Versa FlexVNFでホストされるサードパーティのVNFは、ワークロードレベルで運用し内部のサービスチェーニング機能を利用し動作するため、専用のvCPEデバイスよりも高いパフォーマンスを発揮します。

ビジネス上のメリットは、プロバイダが単一のデバイスを使用してVersaおよびサードパーティの幅広い選択肢をベースにマネージドサービスを作成し、特定顧客のニーズを満たすことができることです。

IDC: 拠点をソフトウェア定義化する

今すぐダウンロード

デモをご覧になりませんか?

デモをリクエストして、どのようにクラウドアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを向上させるかご覧下さい。ブランチセキュリティの複雑さを排除し、トータルコストを最大80%削減します。
デモをリクスト